携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

弁護士が解説する「遺留分」

当完全ガイドは
  • 法律知識のすべてを無料で詳しくやさしく解説する「遺留分の知識のすべて」
  • 豊富な書式・文例を無料でご提供する「遺留分の書式・文例のすべて」
  • 法律相談を無料でご利用いただける「遺留分のQ&A無料法律相談」
から成る遺留分の完全ガイドです。
財産所有者は生前贈与や遺言書による遺贈などによって、その財産を自分の考えどおりに処分することができます。しかしそれらの処分行為が遺留分の定めに抵触する場合、それらの処分は減殺請求の対象となってしまいます。
このように財産所有者の贈与・遺贈などによる財産処分は遺留分による制限を受けることとなりますので財産所有者にとっても贈与等を受ける方にとっても遺留分権利者にとってもこれについての知識情報がたいへん重要なものとなります。
相続専門家の朝日中央綜合法律経済事務所グループがご提供します。
朝日中央綜合法律経済事務所グループのホームページはこちら